日本ホメオパシーセンター神奈川鷺沼 Fiorire -フィオリーレ-

  • ホメオパシーとは
  • プロフィール
  • 健康相談の流れ
  • メニュー・料金
  • ホメオパシーコンサルテーション
  • QX-スキオセッション
  • よくあるご質問
  • ご予約・お問い合わせ

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

ホメオパシーで心と体の調和を取り戻し、人生を開花させましょう。

インフルエンザやカゼは最高のデトックス???

0

    お友達とランチして、

    美味しいお料理とデザートとおしゃべり。

     

     

    おとなりの席には、

    某タレントさんがお食事中。

    キャー!!!

    画面で見るのと同じイケメンだわ〜

     

     

    超ご機嫌で帰宅したら、

    なんだかクラクラして関節がイタイ?

    結局そのままダウン。

     

     

    喉が腫れて、

    水みたいにしたたる鼻水が止まらない。

    あ〜これはマズイ!

     

    私は結核マヤズムなので肺が弱く、

    必ず咳と鼻水が非常に激しく出てきます。

     

    早急にとったレメディーは、

    Ferr-p ファーランフォス

     

     

    炎症の出初めにはまずこれがよいです。

     

    一晩眠ったら炎症が進んで、37.7度の熱。

    関節がガクガクするーー!

     

    さらに炎症を進ませようと、

    海塩を溶かした熱いお風呂に入るも、

    これ以上熱はあがらず。。。。残念。

     

    夜はベットに入って身体が温まると、

    胸がヒューヒューと喘鳴と痙攣性の咳が止まらず

    痰が絡んで眠れなくなります。

     

    こういうときは、Dros ドロセラ が合います。

     

     

     

     

    呼吸困難になって、

    酸素が入らない恐怖におののく私には、

    ドロセラよりも Carb-v カーボベジの方が合います。

     

     

     

     

    鼻水は黄色い粘っこい膿のような感じなってきて、

     

    これは、

    肺に溜まったゴミを排出しているので、

    出し切る絶好のチャンス!と捉えています。

     

    辛いのに、

    観察しながらのレメディー分析は、

    ホメオパスだからかなー 笑

     

    だいぶん回復してくると、

    肌の透明感が増して、

    肩が軽くなってスッキリ!

     

    思ったほど熱が出なくてガッカリだな〜って、

    言うと大体ビックリされます、そりゃそうだ(^^;)

     

    もし、高熱が出た場合は、Inf インフル のレメディーをおとりください。

     

     

     

    体調を崩したら、

    レメディーと水分をとりつつ、

    できればゆっくりと休むこと。

     

    もし、

    インフルエンザやカゼにかかったら、

    新しい年が来る前の、

    カラダの大掃除と思ってくださいね。

     

     

     


    スムーズに望む未来へ進む土台を整える

    <対面波動 QX-スキオセッション>

    <遠隔波動 QX-スキオセッション>

    様々なブレーキを外し、未来を創るサポート
    <ホメオパシーコンサルテーション>

     

    あなただけの「極上の人生」をつくる

    <エクセレントライフコンサルテーション>

     

    ご予約可能日>>>こちらからどうぞ

    お申込み・お問い合わせ>>>こちらからどうぞ

     

     

    <メールレターを配信してます>

    <占星術><波動><ホメオパシー>

    濃い内容のお役立ち情報や

    講座の情報などをお届けしております。

     

    ご希望の方は画像をクリックして

    ご登録くださいね。

     

     



    このページのトップへ